style is のコンサルティング  無駄な諸費用を150万円程度削減させ、住宅ローンの総支払額を300万円程度削減させます。

建築家との土地探し
style is のコンサルティング

建築地の調査・建築費の概算を算出

土地の購入時や建替えの際に必要となる建築費を算出致します。家を建てる際には、建物の本体価格以外に上下水道管の引込み工事、ガスの引込み工事、解体費用、擁壁工事など様々な工事費が必要になります。詳細な費用を予め算出することで、購入する土地で家を建てる場合に建築費用が、いくらかかるか理解し購入判断をおこなうことが可能となり、建替えの方には施工業者を選定する前に総額イメージを把握し、建築家との設計打合せを行って頂くことが可能となっております。

 

ファイナンシャルプランナーによる住宅ローンの借入額・返済方法診断

住宅ローンは、借入できる額と支払いが出来る額に大きな違いがあります。借入が出来たとしても毎月の生活を圧迫し切り詰めた家計では、いつか無理がたたり破たんします。しかし借入額を少なくし支払い額をおさえると、希望の住まいが実現しない・・・なんてことも。無理なく支払いができ、且つ希望の住まいを手に入れるには、建築費と借入額のバランスがとても重要です。家族構成が違えば資金計画も変わってきます。お客様のライフスタイルを考慮し最善の住宅ローンの借入額、そして返済方法をご提案致します

 

建築家住宅に沿った資金計画表と具体的なキャッシュフロー表の作成

「建築家と家を建てると予算額より高くなってしまう」と思われていませんか?これは、建築家住宅にそった資金計画表を作成せずに家創りを始めてしまうからです。予算額の中から建設費をはじめとする必要項目を選定しその項目に沿って予算額を配分しなければなりません。ハウスメーカーと異なり支払先が一社だけではすまないのが建築家住宅の特徴です。建築地の調査で算出した建築費を基に資金計画表を作成し建築費以外の諸経費を算出しキャッシュフロー表も同時に作成致します。実際に準備出来る頭金と住宅ローンで家が完成するまで問題なくキャッシュフローが回るのか緻密な計画を立て、支払いに対する不安を解消致します。

  

銀行と司法書士との打合せで無駄な諸経費を150万円程度削減させ、住宅ローンの総支払額を300万円程度削減させます。

現在の住宅ローンは、ハウスメーカーのスキムに沿って融資が実行されるシステムになっており、実は銀行の担当者も建築家住宅のローンの流れを知りません。事前に決めておかなければいけない内容を理解しておらず、のちのち銀行の担当者ともめることがあります。建築家住宅の流れは住宅ローンの実行時期と回数に特長があり、 通常の住宅ローンでは機能しません。住宅ローンを借入れする前には、必ず銀行との事前打合せが必要になりこの打合せを行わなければ、計画事態進まないことになりかねません。そして同じ借入額でも借入する銀行や融資の実行回数が異なれば、諸経費だけで150万円以上多くかかってしまうケースがあり、銀行では諸経費を削減させる方法などは当然ながら教えてはくれません。建築主様ごとにキャッシュフロー表を作成することで無駄な諸経費を建築主様に合った削減方法でご提案させて頂いております。

 

資金計画を考える上で、1・イニシャルコスト 2・ランニングコスト 3・助成金や減税などの優遇処置 4・ライフコストの4つのカテゴリーごとに考えます。この4つは複雑に絡み合いバランスを見ながら資金計画を立てなければ、イニシャルコストで150万円程度の無駄な費用を支払い、完成した家の内容や申請をしなかっただけで、200万円強の助成金や税制の優遇処置が受けられなくなったり、住宅ローンの返済計画を立てなければ、住宅ローンを返していくだけで300万円も多く支払う羽目になってしまうのです。しかも助成金や減税処置、ライフコストを含めると、気付くことなく知らないうちに最大約650万円以上も損をしているケースもあるのです。資金計画を立てることは、イニシャルコストだけではなく、減税処置や返済方法も計画しなければなりません。知識を知っているのか知らないのかで650万円以上も損をしてしまいます。その無駄な出費を必ず削減させます。

 

 コンシェルジュ機能

資金計画やキャッシュフロー表を作成し、支払い額や支払いタイミングが分かっていたとしても、実際に計画通りに実行しなければ意味がありません。例えば住宅ローンを一つとってみても、抵当権の見積りは?表示登記のタイミングは?一見、住宅ローンとは関係ないと思われがちですが、この登記のタイミングが遅れると住宅ローンの融資タイミングに影響を及ぼし住宅の引渡しにも影響が出てきます。建築家との家創りは設計期間を含めると家が完成するまでに1年以上かかります。銀行や司法書士そして施工業者等の窓口になり支払いタイミングの打合せや各見積りの依頼など、お仕事で忙しい建築主様の代理人として全ての業務を代行致します

 

土地の価格交渉と不動産売買契約・重要事項説明書のチェック

土地の価格交渉をコンサルタントとして、建築主様に変わり代行致します。通常この価格交渉は、売主と買主との間で行う作業となりその交渉役として不動産仲介会社が行います。しかし売主側と買主側の仲介会社が同一人物だった場合、果たしてどちら側に立って交渉してくれるのでしょうか?そして契約書や重要事項説明書の内容はどちら側に有利に作成されていると思いますか?一般的には売主側に立って交渉したり契約書を作成するのが一般的です。なぜなら不動産の売買において問題が発生する場合、必ず買主のクレームから始まるからです。そのクレームに対し、「契約書にも記載されております。それは通常買主側の責任となっており一般的なことです」の一言で片付けられてしまいます。それが本来、売主側の責任であったとしてもです。契約後に問題が発生した場合には、売主側に有利になるように作成された契約書を盾に責任を逃れるといったことが横行しております。そんなことが起こらないように価格交渉の段階から建築主様の代理人となり、作成された契約書と重要事項説明書が、建築主様にとって不利な内容になっていないかチェックを行い、平等な不動産契約を安心して締結して頂きます。

 

借地権での建替え・市街化調整区域での住宅ローンの借入・農地転用が必要な建設など

建築地が特殊な場合、役所との交渉や住宅ローンの借入が難しくなります。また借地権での建替えでは、地権者に建替承諾書を始めとする様々な承諾書を頂かなければ建築することができないケースもございます。まずはご相談下さい。何から手をつけて良いか解らないと言った問題点を解消致します。そして問題点をクリアし安心して建替えや新築工事に取りかかれるようサポートさせて頂きます。

 

 

                                                       まずは無料相談!

建築家住宅コンサルティング事務所 style is 

〒216-0005 神奈川県川崎市宮前区土橋2-17-3 E-MAIL : daisukeokino@icloud.com